過去幾つかの個人ブログをここに集約しました。今後頻繁ではありませんが、個人記事を投稿する場合はこちらに投稿していきます。サイドバーにはツイートも表示しており、こちらはより普段の日常を投稿しています。併せてどうぞ宜しくお願い致します。なお、feeltone musicのインフォメーション記事には【feeltone musicラベル】を付けて投稿しますので、インフォメーションのみご覧になられたい場合や、個人的な記事にご興味がない方はそちらからご覧ください。


2017年4月7日金曜日

ガンガン攻めていきます!
今年2月からジュエルケース(通常のアルバムサイズ)のCDプレスを一定条件で国内最安級にてお引き受けするプランを販売して参りましたが、本日より「ほぼ無条件」でお引き受けできることになりました。
これまでの条件とは、①工場の空き枠を有効活用するため1ヶ月あたりの上限があったことと、②ご入稿いただいたデータのチェックは最低限、③マスター音源の受け入れはDDPのみといったものでしたが、このうち、①の1ヶ月あたりの上限と②のデータチェックに関する条件ついては完全撤廃しました。③のマスター音源のご入稿につきましては、このプラン以外の全ての仕様でDDPでのWeb入稿を基本とすることに改めさせていただくことになりました。もちろん従来のオーディオCD(PMCD)やDDPデータをCD-RやDVD-Rに焼いたものをお送りいただいても受け入れ可能ですが、手数料¥200+税を頂戴することになりました。
料金を安くすること自体には正直抵抗がありますが、音楽を聴く手段が多様化している現在、CDやレコードといった物としてカタチに残る音楽という文化は可能な限り残していきたいと考えております。CDを作るにまつわる様々な費用で決して安くはないCDそのものを作る費用も、安いに越したことはないでしょう。ただ以前の記事にも関連しますが、ただ安いというだけで業者を選ぶのは後で後悔することも多々あります。ウチがどれだけ信頼していただけるかは私自身は何も申し上げられませんが、国内最高水準の品質でご提供していると自負しております。とはいえネット社会ですから少しでも安いところを探すのは比較的容易ですので、選ばれないことも当然ありますが、CDやレコードを手にして何か残念な気分になったらどんどんCDやレコードの文化が廃れてしまうかもしれません。(もちろん良い業者様も多々有ります!)それなら可能な限りコスト面でも目に留まるように努力して、feeltone musicを選んでいただき、満足していただき、そして次回作も!となれば良いループ現象が起きると信じてのことです。
CDと言えば近年はグッズ化しており、定番のジュエルケース仕様ではジャケットのページ数が多くなる傾向にあったり、それ以外にもパッケージにこだわって紙ジャケット仕様やデジパック仕様をご依頼いただくことも増えましたが、まずはこの定番プランを日本でCDを自主制作・販売されるアーティスト様やレーベル様の全ての方の目に留まるよう、そしてご利用いただけるよう、これまで以上に全国に広めていきたいと思っておりますので、ご興味のありそうな方への宣伝・クチコミにご協力いただければ本当に幸いです。また長い記事になってスミマセン。<村上喜洋>

2017年3月22日水曜日

今日は少し愚痴めいたことを話します。
よく当店よりお安い料金設定をされている業者様について「他社との違いって何ですか?」的なお問い合わせをいただきますが、同業他社様の批判はするのは簡単ですが、軽はずみには言えませんので(笑)ただ、いくつかの見極めポイントをお伝えしています。その一部をご紹介します。
一番大切なのに忘れがちな点として、トータルでは決して安い買い物では無いのに「自分のための買い物では無い」という点。
そして、それを多くの場合は「販売する」という点。
CDやDVDは大半のケースでは、ご納品後はご自身の大切なファンのお手元に届いて、その方の大切な持ち物になるということ。自分のための買い物なら「少しくらい問題があっても安いから納得」ということもあるでしょうが、大切な録音物を、売り物として「仕入れる」ようなものですから、確かに予算もある中で安いものを選ぶのも大切ですが、せめて完成品に何か不備があった場合に、しっかり対応してもらえるかは確かめる必要があります。
当店にご相談いただくケースで「先日他社でCDを作ったのですが、品質が悪くてとても売れるものでは無いので再度作り直したい」ということもしばしばあります。結局大きなご負担になってしまい心苦しいのですが、現実に起こっている話です。
印刷の用紙が薄すぎて質感がチープ、発色が悪いといったトラブルはよく起きているようですが、包装にすり傷がたくさんある、印刷がズレているとか紙が少し折れているとか、包装が剥けにくいとか、包装の中に大きなホコリが入っているとか、、もうちょっとちゃんとやれよ!って思いたくなるようなトラブルがあるようですが、全部アウトです。それでも一部の業者様は海外生産だからとか、安いから納得してくださいなどと言って突っぱねるそうです。その術を教えてもらいたいくらいです(笑)
正直申し上げて当店でも納品後トラブルがあったこともございます。10年以上やっていればミス(私や工場側も含めれば)もゼロではございません。モンスター的なお客様にあたったこともあります(笑)そんな様々なトラブルも最終的には、ご満足・ご納得いただけるまで必ず対応させていただいております。
つい先日他社様でトラブルが起き、ご相談のあった例で、ジュエルケースのCDがセットされるトレイ部分の色は多くの場合透明にしてそこの下にも印刷されるというパターンなのですが、印刷があってもシークレットフォトとして隠しておきたい演出で黒いトレイにしたかったのに、透明として納品されてしまったケースがありました。品質の問題ではありませんが、やはりお客様のご依頼内容とは違いますので、このままという訳には参りませんが、その業者様からは品質の問題ない、しせっかく印刷してるのに隠す必要はないでしょう?と言われ押し切られてしまったとのことですが、当店でこんなことが起きたら、すぐにやり直します!当たり前です。
CDやDVDの手売り販売だと夜に販売するケースも多いかと思いますが、販売して初めて問題に気がついたなんてこともあるようです。それが土日だったら週明けまで業者に相談できないなんて、悶々としてしまいますよね。当店ではトラブル発生時は昼夜休日問わず対応し、工場休業日でも担当者に連絡をとり、なるべく早い解決を目指しております。
最近は電話連絡できない業者様もあるようで、ネット時代とは言え驚きです。文章化して記録が残るメール方の方が業者からすれば「言った言わない」のトラブルが避けられて安心ではありますが、お客様からすれば緊急時に電話で相談できるのは安心感が違うと思います。
※最初の投稿後、指摘をいただいたのでご説明しますが、当店のバリューコースご利用時は電話でのお問い合わせは受け付けていない旨記載がございますが、電話番号を開示しており、緊急時は直接コンタクトが取れるよう携帯番号もお知らせしております。
もっと言いたいこともあるのですが、長くなったのでいずれ続編を書きます。<村上喜洋>

2017年3月21日火曜日

怒涛の年度末までのCDプレスご納品分受注が終了しました。2〜3月は例年多数の案件をいただきますが、今年は新たな<バリュープラン>も始まり、これまで他社様とお取り引きされていたお客様も増えて参りました。本当にありがとうございます。
既に新年度4月以降のご納品分の受注も始まっておりますが、まだ受注枠を確保しておりますので、何なりとご相談ください!宜しくお願い致します。<村上喜洋>

2017年1月18日水曜日

2月ご納品分より、ジュエルケースCD(一般的なアルバムCDのケース)に限り、国内最安級に挑んだプラン<バリューコース>をご用意しました。何か良いプラン名はないかと思案しましたが、ベタな名前になりました。他に名案が浮かんだら変更するかも知れません。
プラン内容は、一般的な格安をウリにされている業者様と同等の最小限のサポート体制とはなりますが、製造工程・品質はfeeltone musicの通常プランと同レベルのものですので、音源マスターやデザインデータの制作に熟知されている方には本当にお得なプランです。例えばよくある4ページ(2つ折り)ジャケットタイプで500枚¥64,500+税、1,000枚で¥74,500+税です。CDプレス、ジャケット・オビ・バックインレイそれぞれ両面フルカラー印刷、盤面印刷、包装、本州1ヶ所送料全部コミコミですので後から「盤面フィルム代は別で…」とかややこしい事は言いません!
なお、このプランは工場の協力で成り立っており、毎月50〜100タイトル限定の受注となりますので、受注出来ないまたは翌月までお待ちいただく場合がございます。(その月の工場空き状況により変動します)
<村上喜洋>

2016年12月8日木曜日

プライベートな話題ですが、先日次女が誕生し師走をより慌ただしく過ごしておりますが、関係者の皆さまやお客様まで!お祝いメッセージなどありがとうございました。
さて、当店の年末年始スケジュールですが、
印刷・加工所…が12/29(木)〜1/04(水)
プレス工場…12/30(金)〜1/04(水)まで休業となります。
当店の受付けやお問い合わせは年中無休で対応しておりますので、お休み中に来年の構想などを立てながらご相談頂くことも可能です。お気軽にお問い合わせください。
なお、年内納品分の工場枠はあと少し確保出来ておりますので、年内に間に合わせたいお客様はお早めにご相談ください!<村上喜洋>

2016年11月7日月曜日

しばらく投稿が滞っておりましたが、もう年末の案件を取り扱う時期になりました。今年も工場との協力体制を整え多くの案件に対応出来るよう、受け入れ体制を準備しておりますが、例年これからの時期はお歳暮など通常より配達が多くなるため、配送が追いつかず、ライヴ当日着の場合ご指定の時間に間に合わないことが起きる場合がございます。不測の事態を避けるためにもレコ発など日程が決まっている案件はなるべくお早目にご相談いただき、予定の前日までのお届けを目指したいと思いますので、どうぞ宜しくお願い致します。<村上喜洋>

2016年7月23日土曜日

2016年夏の工場夏季休業期間は8/11(木/祝)〜8/15(月)までとなります。7月〜8月は例年混みあうため、通常より1〜2営業日多く頂くことがございますので、タイトなスケジュールになりそうな案件は必ず事前にご相談くださいませ。※工場がお休みの間もご相談やデータ入稿受付けやチェック作業など、当店内で出来ることは行っております。
また、最近一部の業者様で工場製造枠不足のため断られることがあると当店にご相談頂くことがございますが、feeltone musicでは製造枠を多く確保しておりますのでご安心ください。